加工食品について

食品は何もせずに長時間ほうっておいてしまうと、時間とともに痛み、腐敗してしまいます。そこで、食品の品質保存や安全供給を目的とし、いろいろな手法を用いて加工、処理したものを加工食品といいます。近年では長期保存のほか、栄養素量の改善や、味・色・香りとったことにも嗜好を凝らし、簡易性や調理時間の短縮化なども目的とされています。
こういった加工食品はもはや私たちの生活には切っても切れないほど重要なものとなってます。

  • 高級ふりかけの気になる情報
  • しかし加工食品を使用するにあたって、安全性や健康面、また成長過程の児童に悪影響を及ぼすのではないか?と気にする方も少なくないでしょう。
    購入する際には自分で安全かどうかを判断する必要があります。商品名称、原材料名、食品添加物の表示、アレルギー物質を含む表示、遺伝子組み換えの表示だけでなく、JASマークがあるかどうかや製造年月日をきちんと確認しておきましょう。

    また商品の状態や、保存方法の確認も大切です。直射日光が当たっていたり、包装に中身や油が染み出ていたりする場合もありますから注意して選びましょう。
    冷凍食品であれば、店頭でしっかり冷凍管理されているかどうかも確認しましょう。たとえ加工食品であっても、購入後は早めに冷蔵・冷凍庫にしまうことも忘れないでください。

    加工食品を食生活の中で上手に活用していくためには、これらの情報を有効活用し、適切な加工食品を選び、扱うことが重要です。